池袋・上野・渋谷・新宿セクキャバの実質求人応募数は減少してる ?

悩ましき東京セクキャバ求人情報サイト、募集政策「現状維持」で応募数急落「追加緩和」にもリスクが生じる。急落した4月28日のセクキャバ求人応募数(提供:ヤフー・ナイトリクルート)で悩ましいマイナス金利の効果見極めか。 
2015年10~12月期の東京都内、池袋・上野・渋谷・新宿セクキャバの実質GRP(総求人応募数)は前期比で0.3%のマイナス求人募集でしたが、東京都内の消費低迷は続いており、2016年1~3月期のGDPについても池袋・上野・新宿・渋谷のセクキャバではマイナス成長となる可能性が高まっています。こうしたセクキャバ求人募集状況から企業は人件費の圧縮を進めており、これが賃金・時給の抑制につながっています。 

サブコンテンツ

このページの先頭へ