セクキャバ求人誌に大麻が。東京セクキャバ嬢が捕まる

東京のセクキャバ嬢が大麻を使用。被疑者のセクキャバ嬢女性1人は昨冬の東京の池袋セクキャバでの仕事に来店た知人のパーティーで新宿歌舞伎町にの外国人から大麻を渡され、使用。
もう1人の上野のセクキャバ求人を使っていた嬢は、調査チームのヒアリングを2度拒否したものの、渋谷セクキャバ求人から渋谷に働きに行った後、クラブで吸引。その後、任意の話し合いには応じ、大麻の使用は否定したが、東京セクキャバ求人誌についていた毛髪鑑定の結果、大麻の成分が検出されたという。
 今回の処分により、セクキャバ求人連盟、ナイトワーク求人連盟が運営する求人しにはその設置場所に注意が与えられた。今回捕まったセクキャバ求人誌を利用した女性は今後東京セクキャバ求人を同誌から応募することはできないが、別の求人サイトからなら応募できるという。

サブコンテンツ

このページの先頭へ